任意売却のメリット

任意売却を依頼するメリットとは、何でしょうか?

このページでは下記の通り、任意売却のメリットについて解説させて頂きます。

任意売却のメリット一覧

  1. 抵当権が付いたままの自宅も売却できる
  2. 方法次第で、売却後も自宅に住み続けられる
  3. 競売よりも高く売れる可能性が大きい
  4. 売却後もお金を手元に残せる可能性がある
  5. プライバシーが保護される

①抵当権が付いたままの自宅も売却できる

通常自宅に付いた抵当権を抹消するためには、債務を完済して債権者に抵当権を抹消してもらわないといけません。もし住宅ローンなど借金の担保にした自宅を、抵当権が付いたまま売りに出しても、恐らく買い手は現れないでしょう。

しかし住宅ローンの返済が滞っている状態で債務完済の目途が立たない場合、借金返済のために自宅を通常売却することは難しいといえるでしょう。そのまま競売になってしまうと、家も財産も全て手元には残りません

しかし任意売却であれば、事前に債権者と交渉して抵当権を抹消したうえで、自宅を売ることが出来ます。なので自宅を売った後に債務=借金返済が残る場合でも、自宅を売却して手元に残った資金で生活再建を目指すことが出来ます。これは任意売却最大の強みです。

(なお自宅を売った後、即座に残債務を完済出来る場合、一般的に任意売却は必要ありません

②方法次第で、売却後も自宅に住み続けられる

通常、自宅を売却した後は買主の手に渡った家から売主は離れざるを得ません。

しかし「リースバック」などの手段売主の強い意志によっては、売却後の自宅に引き続き住み続けられるかもしれません。それが出来るのは、任意売却だけです。

借入金の担保とした自宅を競売で売却した場合、その家は完全に売主のものではなくなります。いかなる手段をもっても、競売にかかった家に住み続けることは困難だといえます。

競売にかかる前に、任意売却を検討・相談・依頼しましょう。

例えば、*1 貴方のご両親やお子様が自宅を買い取って、貴方と賃貸借契約を結ぶことで、引き続き自分の家に借主として住み続けられるかもしれません。

あるいは、*1 当協会が提携する投資家に自宅を任意売却し、同様の手段で自宅に住み続ける方法も考え得るでしょう。

そしてまた *1 場合によっては、後々自宅を買い戻すことも出来るかもしれません。

*1これらの対応が出来るかは、ケースバイケースです。ご相談者様の状況によっては、代替案をご提案させて頂きます。まずは全国の任意売却専門業者に、無料で24時間いつでも相談してみませんか?

③競売よりも高く売れる可能性が大きい

自宅を売却した後の生活再建と借金完済のために、少しでも高い価格で家を売りたいですよね。

「競売は不可避」と思われる状況でも、任意売却なら自宅を出来るだけ高い値段で売ることが出来ます。

住宅ローンなどの借金返済が滞ると、担保とした自宅は最終的に競売されてしまいます。

一般的に入札開始時の設定金額が低くなるため、競売にかかった自宅は市場価格のおよそ7~8割程度の金額でしか落札されない傾向にあります。

しかし一方で、任意売却を用いた場合は、出来る限り市場価格に近い価格で自宅を売却することが出来ます

これに関しては売却後の残債務=残った借金の返済を意識するうえで、競売と非常に大きな違いがあるといえます。

④売却後もお金を手元に残せる可能性がある

競売により売却された自宅の売却金は、全て金融機関など債権者への債務返済に優先的に充てられます。手元にお金は一切残りませんし、もちろん売却された自宅もあなたのものではなくなります。

任意売却を使えば、*2 債権者との話し合い次第では、自宅の売却金額を一部手元に残すことが可能です。

手元に残ったお金を当面の生活資金や今後の必要資金に充てることで、任意売却後の生活再建が捗ることでしょう。

*2 – 交渉する債権者や相談者様の状況などにもよるため、必ず上記の約束が取り付けられる保証はできませんが、経験豊富な任意売却専門業者として尽力致します。まずは全国の任意売却専門業者に、無料で24時間いつでも相談してみませんか?

⑤プライバシーが保護される

自宅が競売にかかってしまうと、その情報は公に公表されてしまいます

もしかすると身内や近所の人に、その事実が知られてしまうかもしれません。

家が競売にかかったことを知られたくない場合、これは困った問題ですね。

任意売却であれば、他社に任意売却の事実を一切知らせることなく全て対応出来ます

あなたの情報は保護されるので、安心して手続きを進めることが出来ます。


結論:任意売却はメリットだらけ!

もしも任意売却を検討しているなら、住宅ローン返済のために今残された選択肢は、

  1. 競売(市場価格より低い売値、手元にお金は残らない)
  2. 任意売却(市場価格に近い売値、手元にお金を残し、自宅に住み続けられる可能性あり

…のどちらかだけ、と言っても過言ではありません。

競売は「百害あって一利なし」ですが、任意売却には競売と違ってメリットしかありません

任意売却のご相談はホームページのフォーム、またはお電話(0120-128-278)にて受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

ご相談・依頼などは全て自己負担金¥024時間いつでも受付中ですので、ご安心くださいませ。

一人で悩まずに、私たち任意売却のプロ・任意売却協会に是非ご相談ください。必ずご期待に応える成果を出してみせます、いつでもご連絡ください。


お問い合わせ

    必須ご用件 協会への入会申し込み住宅ローン返済のご相談その他のお問い合わせ
    必須氏名
    必須メールアドレス
    任意電話番号
    必須所在地
    任意連絡希望時間帯
    必須お問い合わせ内容