【インタビュー】任意売却の集客力アップ事例

 

一般社団法人 任意売却協会 ホームページ管理人です。

今回は任意売却協会の大阪担当地域特別会員であるオーナーズ・プランニング株式会社より、当協会が提供する任意売却の集客に特化した集客用サイトのパフォーマンスについてお伺いします。

 


任意売却に特化したWEB集客について

 

大阪担当地域特別会員:オーナーズ・プランニング株式会社

 

 

Q:まずは簡単に御社の集客実績に関してご説明をお願いします。

大川:弊社オーナーズ・プランニング株式会社は、2009年よりチラシや競売スケジュールの閲覧など、投函や広告によるアナログな方法による任意売却事業の集客を始めました。2013年に協会へ加入するまでは、年間獲得数が0件の年が続きました。

 

Q:つまり協会に入会して状況が変わったということでしょうか?

大川:いいえ、厳密にはWEB対策へ本格的に取り組みだしてから状況が変わりました。任意売却協会への加入したのが2013年ですが、当時は協会も決してWEB集客に注力していたわけではなかったので、その年の任意売却に関する専任媒介契約の獲得件数は5件でした。しかし翌年の2014年に独自にホームページを開設しWEB対策を強化してからは年間22~最多62件の案件獲得に至りました。今の集客の要は協会経由の案件獲得と、②ホームページなどの集客用サイトからの獲得です。

オーナーズ・プランニング株式会社

 


 

Q:ホームページの開設など、WEB対策に要したコストはどれほどでしたか?

大川:当時は外部発注してホームページを制作するのに200万円その他経費で月/70万円(ランニングコストで月/50万円、サブ経費で月/20万円)が必要でした。不慣れだと巨額な投資に見えるかもしれませんが、不動産売買案件の獲得を目指す以上、「専属専任媒介」「一般仲介」「買取案件」であれば十分に成り立つ状態でした。

 

Q:では初期費用200万円と月70万円のコストを支払い続けて、集客は安定したのでしょうか?

大川:そうでもありません。2017~2019年くらいでしょうか、徐々に獲得件数が低下していった時期がありました。当時はホームページの運営も外部に委託していたのですが、肝心のホームページの露出が激減してしまったのです。ホームページがあっても顧客が来なければ、そのホームページは存在しないと言っても過言ではありません。そして調査した結果弊社ホームページへのアクセスを促す「検索キーワード」対策が甘かったということが判明しました。

オーナーズ・プランニング株式会社 内装

オーナーズ・プランニング株式会社 オフィス

 


 

Q:「検索キーワード」対策、とはどういうことでしょうか?

大川:例えばご自分が任意売却の相談当事者だとしましょう。初めから「〇〇司法書士事務所」とか「オーナーズ・プランニング株式会社」といった社名で検索することはまず無いと思います。また「住宅ローンの返済に困っているときにどうするか」などの長文で検索をかけることもあまりないと思います。「住宅ローン 返済」「競売 回避」「リースバック 相談」など、おおむね決まったフレーズや単語の組み合わせになるはずです私たちのホームページは見当違いの検索キーワードを想定した構成になっていたので、大幅な修正が必要でした。

 

Q:いわゆる「SEO(Search Engine Optimisation)対策」を実施したということですね

大川:当時外部委託していたWEB広告専門会社Aは検索キーワード「任意売却 大阪」「任意売却 大阪相談」などを提案し、それに基づいてホームページを運用していました。その結果、他の競合他社らのパフォーマンスに追いつけず検索結果は120位程度にまで落ちました。Aによる素人相手の怠慢による結果でもありますが、WEB対策に精通した者がおらず何が問題なのか気づくまで時間がかかってしまったのが残念でした。獲得件数が落ちた2年間、不要な経費を払い続けたのですから。

協会理事 オーナーズ・プランニング株式会社 大川

オーナーズ・プランニング株式会社 担当 / 一般社団法人 任意売却協会 理事

大川 弘昌

 


 

Q:その後はどのように状況を打開したのでしょうか?

大川:新型コロナ禍で仕事に暇ができた別部署の社員を数名選別(ディレクター2名、エンジニア1名、外部監督1名)し、お金も使って数ヶ月検索エンジン(Google)に関する勉強の機会を設けました。そして本件の調査、対策の検討と施策実施に自社・外部による効果測定を繰り返しました。すると自社主導のWEB対策実施から4ヶ月後には120位だった弊社のホームページは20位に、5ヶ月後に10位件内に定着して見事”復活”を遂げたのです。「検索エンジンとユーザーを意識したホームページの作り込み」「適切な対策の実施」「効果測定と修正の繰り返し」がとても大切だと、身をもって学ぶことが出来ました。

 

Q:当協会が提供するWEB集客支援にも活かされているご経験ですね

大川:2021年6月に協会の再編に伴う理事の交代と移転がありまして、弊社は一般社団法人 任意売却協会から「任意売却事業に特化したホームページの制作と集客施策の監督」を任されることになりました。そこで新たに、任意売却協会の地域特別会員になると、担当地域の任意売却集客に特化した集客用サイトをご利用頂けるようにしました。私がホームページの制作に200万円・その後の費用で月70万円を使っていたのに対して、入会金66万円・月会費11万円(年更新)で集客用サイトの利用および専門スタッフによる全委任型の集客運用がご利用頂けるのは破格だと思います。

オーナーズ・プランニング株式会社 スタッフ

 


 

Q:一般的なWEB制作会社が作ったサイトに対して、どういう強みがありますか?

大川:既に言及した通り、まず圧倒的に費用が安いです。例として私が支払っていた費用をあげましたが、一般的に外部制作会社に依頼すると同じくらいか、それ以上のコストがかかるかと思います。また同じ任意売却事業者・任意売却協会員の立場を考えて作り込んだ任意売却専用の集客サイトです。視覚的なデザインはもちろんですが、表面的な出来栄えではなく、パフォーマンスにこだわった「任意売却を必要とする方々にリーチできる集客用サイト」であることを徹底して制作・運用します。(具体的事例についてはお問い合わせいただければ、ご紹介致します)協会理事としても、協会保有のサイトで会員が案件を獲得して協会の発展に繋がれば本望です。

オーナーズ・プランニング株式会社 イメージ画像

 

 


 

まとめ:地域特別会員になれば、WEB集客力も大幅強化間違いなし

 

任意売却協会は、住宅ローン返済にお困りの方々・競売を避けたい相談者を救済し、彼らを手助けする事業者をサポートするべく、会員としてお迎えしたいと思っています。

中でも担当地域・エリア(都道府県基準)毎に最優先で協会に届いた任意売却案件をご紹介し、各WEB集客支援施策協会保有の地域特化型任意売却集客用サイトをご利用頂ける、地域特別会員を募集中です。

特に北海道会員・埼玉会員・神奈川会員・愛知会員が注目枠です。協会調べになりますが、比較的大きく競争率も角に高くない任意売却市場が、これらの都道府県で見込めます。その他の都道府県についても、是非お問い合わせ下さい。先着順にて応募審査となりますので、ぜひこの機会にご検討してみてください。

 


 

任意売却の集客力を強化したい皆さま、

任意売却のWEB集客支援サービスを体験しませんか?

まずは一度、お気軽にお問い合わせください!

 

 

TEL:0120-128-278(平日9:30~17:30)

 

 

 

監修・募集:オーナーズ・プランニング株式会社
依頼主:一般社団法人 任意売却協会